教材について

外国人患者さんの英語を聞き取る
リスニング力に強化したレッスン

STEP 1 医療英語・基礎入門

外国人患者さんの来院から受診・治療・会計までの一連の対応を学びます。

問診・診察(バイタルサイン測定・アレルギーの有無・既往歴・病歴など)検査(採血・画像診断・内視鏡・尿検査など)手術(不安を取り除く声掛け・術前の説明・飲食飲水の注意など)救急(救急患者への声掛け・症状の聞き取りなど)の医療現場の各場面をイメージしながら英語運用力を身につけます。

※受講生様がお持ちの教材・テキストでのレッスンも承っております。まずはお気軽にお問い合わせください。

STEP 2 リスニング強化トレーニング

「痛いところはどこなのか」「いつから症状が出たのか」英語で聞くことができても外国人患者さんの返答の英語が聞き取れない。リスニングは多くの日本人が苦手と悩まされています。

簡単なフレーズや単語・文章、発音を何度も「聴く」「話す」ことを重点に、英語への「慣れ」を作ります。
講師が外国人患者役になり、医療ケアで発生する課題や問題点を予想し、英語で対応できるよう何度もシミュレーションを行いながら語彙力のアップも目指します。

※受講生様がお持ちの教材・テキストでのレッスンも承っております。まずはお気軽にお問い合わせください。

STEP 3 講師と一緒にオリジナル教材を作る

当スクールでは、「すぐに使える英語」を習得していただくために「自分だけの状況に合わせた教材」を講師と一緒に作り上げていきます。
講師が外国人患者役になったリスニングを強化しながら「書く」ことで英語の読み書きも向上し、英語でのコミュニケーションを取れることが出来るようになるのです。

※受講生様がお持ちの教材・テキストでのレッスンも承っております。まずはお気軽にお問合せください。

リフレクション(振り返り)について

定期的に短いカウセリングを行い、レベルアップ状況や、学習状況などについてのリフレクション をします。今後どのようなレッスンをしていきたいのか、最終目標など話し合い、レッスンを重ねる ことでご要望に応じたオリジナル教材を作り上げていくことができます。

サイトマップ

  1. 当スクールのレッスン

  2. 初心者の方へ

  3. 料金について

  4. 教材について

  5. 講師紹介

  6. 利用規約

  7. 個人情報保護方針

  8. 特定商取引法に基づく表記